DQMJ3プロフェッショナル対応 スキル「占い師」で覚える特技、所持モンスター

このページのスキルと特技は、DQMJ3プロフェッショナル対応版データに更新しています。
間違いがありましたら、問い合わせよりお知らせ下さい。

DQMJ3でレベルアップ時に入手できるスキルポイントの変化

覚えられる特技 SP 耐性 効果
かくれる10-3ランドの間、敵全体から狙われなくなる。
テンションパサー25-自分以外の味方全員に、自分のテンションを与える。
踊りよそく40-ラウンドの最初に行動する特技。そのラウンドで自分が敵から受けた踊り系特技を、相手の耐性を弱点として判定し、1.5倍にして跳ね返す。
息よそく60-ラウンドの最初に行動する特技。そのラウンドで自分が敵から受けた息系特技を、相手の耐性を弱点として判定し、1.5倍にして跳ね返す。
体技よそく75-ラウンドの最初に行動する特技。そのラウンドで自分が敵から受けた体技系特技を、相手の耐性を弱点として判定し、1.5倍にして跳ね返す。
呪文よそく90-ラウンドの最初に行動する特技。そのラウンドで自分が敵から受けた呪文系特技を、相手の耐性を弱点として判定し、1.5倍にして跳ね返す。
物理よそく110-ラウンドの最初に行動する特技。そのラウンドで自分が敵から受けた物理系特技を、相手の耐性を弱点として判定し、1.5倍にして跳ね返す。
てんびんのタンゴ140-自分よりもHPが多く、サイズが同じ敵にダメージを与える踊り。残りHPの差が大きい程、ダメージも大きくなる。
与えるダメージの計算式=(相手の残りHP-使用者の残りHP)/2
みちづれのワルツ170-自分と敵1体を3ラウンド後のラウンド終了時に力尽きる状態にする。光のはどうなどで使用者の効果だけを解くことができる。1度の戦闘で使えるのは1体につき1回。自分とサイズが違うモンスターには効果がない。
星うらない200-1ターン目に準備をして、次のターンに「星のまもり」「星のおくりもの」「星のいかり」のいずれかの効果を発動させることがある。
星のまもり=3ラウンドの間、自分の一部の特技を必ず成功させる。
星のおくりもの=2~5ラウンドの間、自分の「攻撃」を、4~7ラウンドの間、「守備」「すばやさ」「かしこさ」のどれかを2段階あげる。
星のいかり=味方全体のテンションを4段階上げる。
覚えるモンスター(DQMJ3プロフェッショナル版)
    覚えるモンスター(オリジナル版)
      覚える条件
      • 魔法使い旅芸人

        スキルを強化する時は、両親のどちらかが上記の組み合わせのスキルを所持していて、そのスキルをマスターしてれば、配合で生まれる子供が強化されたスキルを引き継ぐことができる。
        例外として、戦士と戦士などの両方がマスターしている必要がある場合もある。

      派生するスキル